キーワードで検索する!  
来間島からのレポート

来間島からのレポート

透明度の高い川・海を求めてさすらう会、極水会会長
 
2008年12月12日(金)
宮古島来間島10 来間島の海。

今年、宮古島はエコアイランド宣言なるものを宣言しました。

確かに、宮古島は宣言出すに足る豊富な資源環境を有しています。
それは母なる宮古島の自然の、功績でしょう。
その一方で、少し島を行けばいたる所にゴミが捨てられていることがわかります。島の野良猫や犬が、まき散らかした生ゴミもありますが、人によって捨てられたゴミも相当あるのが、エコアイランド宮古島の現状でもあるわけです。

宮古島では、環境に対する意識が、まだまだ低いというのが現実のようです。
世界的に環境問題は、待ったなしの状況だというのは皆様ご存知のとおり。
我が島のどこにゴミを捨てようが勝手だという、勝手な意見は通らないという事を認識する必要があります。

そのためには、外部(島外)からプレッシャーも必要なのかも知れません。
最近、宮古島エコアイランド宣言に乗っかり、内地の大手企業が行政と企業との協業プロジェクトが発表されました。
今までの企業活動というものは、あらゆる面で自然にダメージを与えてきました。生産に次ぐ生産で、気付いたときには、生産に必要とされる資源が枯渇しかけていると気付きはじめた企業は、CSRといわれる活動で自然環境保護活動等にあらゆる面で参与しています。この一連の動きには、企業イメージの訴求という面も見え隠れもしないではないですが、アクションがあることが大事なのです。
こうした企業が宮古島に係われば、企業というものは利益を追求しますから、宮古島エコアイランド事業に参与した限りは、その島にゴミが散乱していては商売あがったりなはずです。その企業のブランドイメージにも傷がつくことになりかねません。
こうした外的プレッシャーが、ひいては素晴らしい宮古島の自然がいつまでも残っていくことに作用すれば、それはそれで大変いいことだと思います。

島民として、真のエコアイランドの実現を願っています。

本ページ「来間島 in 宮古島からのレポート」掲載情報の著作権は、yasuo mondo氏に帰属します。
Copyright c 2007 yasuo mondo All Rights Reserved.

しまんちゅレポーター
2008年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近のエントリー
アーカイブス
他島のしまんちゅレポート
宮古島関連情報
利用規約/免責事項プライバシーポリシーリンクポリシー広告について運営についてサイト推薦・登録求人情報お問合せヘルプ
Copyright © 2005-07 NatureOKinawa All Rights Reserved.
沖縄の自然と環境総合情報サイト ネイチャーオキナワ NatureOkinawa.com
マネージド専用サーバのことならテトラビット
本ウェブサイトは 有限会社テトラビットサーバ技術を活用し運用されています。  powered by TETRABIT(テトラビット)