キーワードで検索する!  
久米島からのレポート

久米島からのレポート

 
2007年05月22日(火)
久米島ホタル館は、2007年5月1日より、職員削減のため

毎週火曜日の休館日が、月曜日と火曜日に

午前9時30分の開館時間が、午前11時からに変更になりました。



ご利用になられる方々には、大変ご迷惑をおかけしますが、

ホタル館の展示内容や様々な取り組みに関しては、

これまで以上の充実を、館長やホタルの会のメンバーで支えながら

頑張っていきたいと考えています。


久米島ホタル館では、ホタルとホタルに繋がる生きもの達を

久米島の自然環境を理解するための案内役として

飼養展示しています。


ホタルたちが生存するためには、ホタル以外の様々な生きもの達が、

食物連鎖のつながりや関わりを持って、この島に生存しているということを

理解してもらいやすくするためでもあります。


ホタル館内の生態展示の中には、

地域に生息している生きもの達は、もちろんですが、

その生態系を撹乱することになる外来生物や

毒を持った危険な生きもの達の展示も、

説得力のある視覚的説明をおこなうために必要だと考え

国や県から特別に許可を取って飼育展示している生きもの達がいます。



ホタルを鑑賞する際に、野外で一番注意しなくてはいけないハブを

多くの人に理解してもらうために、沖縄県から正式な手続きを経て

特別な展示ケースを設置して安全に見ていただくようにしています。

館内展示ガイドの際には、その許可を得た展示ケースについても

しっかりと説明することにしています。


それは、生きものを飼育・展示するするにあたっては、現在、法的に

多くの規制があり、責任があることも知ってほしいからなのです。



たとえ、それが、かわいい小鳥や嫌われもののハブだとしてもです。


以前、ホタル館を訪れる方々の中に、

東京の自宅マンションで、ハブを飼育したいと、

とても軽く話す若い男性がいました。

「なぜ、ハブを飼いたいの?」と聞くと

「だって、毒をもっているってカッコいいから!」と即答します。

「もし、ハブが逃げたらどうするの?」と聞くと、「・・・・?」

そんなこと、考えてもいなかったようです。


「生きものが好きなんです。」

「嫌われ者のハブなんかもぜんぜんOKです。」なんて言われても

人間社会の中で、ペットとして野生の生きものを飼うことは、

絶対に出来無いことですし、まして毒のあるハブが逃げ出したら

大変な迷惑を多くの方にかけてしまいます。


今、一番心配されているツボカビに関しても、飼育者のうっかりで

地球上のカエルが絶滅してしまうとしたら・・・。


こうした偏った想いで、社会のルールからはみ出して

飼育される生きもの達の最後は、人間や自然環境との関わりの中で

お互いを、とても悲惨な状況に追いこんでしまいます。

中でも、ミドリガメ(緑亀)、ゼニガメ(銭亀)として

大量に販売されているミシシィピーアカミミガメやクサガメは、

久米島でも、沢山見つかっています。すべて、もともと、ペットとして

家庭で飼育されていたものだと思います。



こうして野外に棄てられたペットのカメたちも、久米島ホタル館では、

啓蒙のために飼育していますが、そのカメたちの

里親制度を今年6月から開始しました。

嬉しいことに、既に3人の中学生がエントリーしてくれています。


現在、こうした生きものを飼育することの責任の重さを、

ホタル館を通じて日々、実感しているのです。






本ページ「久米島からのレポート」掲載情報の著作権は、佐藤 直美氏に帰属します。
Copyright c 2005 Sato Naomi All Rights Reserved.

しまんちゅレポーター

佐藤 直美
著者:佐藤 直美
久米島ホタルの会
事務局代表
◆久米島ホタルガイド
◆久米島ホタルの会
◆ホタルの国から

2007年05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近のエントリー
アーカイブス
他島のしまんちゅレポート
久米島関連情報
利用規約/免責事項プライバシーポリシーリンクポリシー広告について運営についてサイト推薦・登録求人情報お問合せヘルプ
Copyright © 2005-07 NatureOKinawa All Rights Reserved.
沖縄の自然と環境総合情報サイト ネイチャーオキナワ NatureOkinawa.com
マネージド専用サーバのことならテトラビット
本ウェブサイトは 有限会社テトラビットサーバ技術を活用し運用されています。  powered by TETRABIT(テトラビット)