キーワードで検索する!  
久米島からのレポート

久米島からのレポート

 
2006年06月12日(月)
6月11日(日)午前7時、こんどはハナゴンドウという種類のイルカが

またしても、銭田漁港に迷い込んできてしまいました。



このイルカは、前回迷い込んできたマダライルカよりも一回り大きく

人を誘うような雰囲気はなく、縦横無尽に潜水するため、

出現場所がつかめません。

一番驚いたのは、クッキーカッターと呼ばれる

体に刻まれた傷の激しさです。

専門家によれば、この傷がハナゴンドウの特徴ということです。



翌日、久米島町環境保全課や漁港関係者、ダイバー関係者と

個別に意見を集約したところ

外洋に返したいのは、今すぐにでも行いたいのですが

息継ぎの間隔の長さや遊泳力から、出現位置がつかめないため

捕獲は非常に困難。追い込むことにしても漁港内をくまなく

網羅するには、人手が相当必要になります。

前回とは、事情が異なるため、このまましばらく

状況を見守りながら長期的に対策をとることとなりました。



しかし、見物者が港に出入りすれば、漁港で働く人に支障を

きたすことも考えられます。

また、港での事故を防ぐことや、見世物的な感覚での、

無謀な接触や餌付けなどは防がなくてはいけません。

そこで、環境保全課と相談し

注意を促す看板を設置することにしました。


本ページ「久米島からのレポート」掲載情報の著作権は、佐藤 直美氏に帰属します。
Copyright c 2005 Sato Naomi All Rights Reserved.

しまんちゅレポーター

佐藤 直美
著者:佐藤 直美
久米島ホタルの会
事務局代表
◆久米島ホタルガイド
◆久米島ホタルの会
◆ホタルの国から

2006年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のエントリー
アーカイブス
他島のしまんちゅレポート
久米島関連情報
利用規約/免責事項プライバシーポリシーリンクポリシー広告について運営についてサイト推薦・登録求人情報お問合せヘルプ
Copyright © 2005-07 NatureOKinawa All Rights Reserved.
沖縄の自然と環境総合情報サイト ネイチャーオキナワ NatureOkinawa.com
マネージド専用サーバのことならテトラビット
本ウェブサイトは 有限会社テトラビットサーバ技術を活用し運用されています。  powered by TETRABIT(テトラビット)