キーワードで検索する!  
久米島からのレポート

久米島からのレポート

 
2006年05月04日(木)
4月の終わり、

大きく潮が引いた久米島の海。



いつもは水中で、目にすることができない

海の生き物たちを探しに、

ワクワクしながら子供たちが翔けていきます。




スーパーの商品で並ぶモズク。ここに生えています!



海面を漂う黄金虫のふしぎ?


まぶしい日差しを反射して光る波。

いつもとは違う白と青の広い広い風景が時間を止めてしまいます・・・。


夢うつつの静寂をかき消すような突然のこどもの泣き声に

あわてて駆け寄ると、漂着した廃油ボールを手につけてしまい、

不安と、動揺した硬い空気を跳ね除けるように

激しく泣く息子のこえでした


漂着廃油ボールは、

以前から沖縄近海や久米島でもよく見られていました。

近年、世界中がその環境への影響を重視するようになり、

漂着が少なくなってはいますが、

今年4月始めにハテノ浜から目撃され

久米島全域の海岸で確認されています。

事故や投棄された船やタンカーの重油が、廃油ボールの正体です。

手や足に付いた石油は落ちにくく

そのままほっておくと、

熱を浴びて軽いやけど状態になってしまいます。



小さな子を助けたいという一途な思いが、

泣くこどもの周りにとてもやさしい空間をつくりあげていました。



訴えるように激しく泣くこども。

けれど、この子に添えられた手に暖かなぬくもりと

穏やかな表情に安らぎを感じたとき・・・


・・・泣いているこどもの声が

   たしかなしあわせにつつまれて
               
         青い海に広がっていきました。

本ページ「久米島からのレポート」掲載情報の著作権は、佐藤 直美氏に帰属します。
Copyright c 2005 Sato Naomi All Rights Reserved.

しまんちゅレポーター

佐藤 直美
著者:佐藤 直美
久米島ホタルの会
事務局代表
◆久米島ホタルガイド
◆久米島ホタルの会
◆ホタルの国から

2006年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近のエントリー
アーカイブス
他島のしまんちゅレポート
久米島関連情報
利用規約/免責事項プライバシーポリシーリンクポリシー広告について運営についてサイト推薦・登録求人情報お問合せヘルプ
Copyright © 2005-07 NatureOKinawa All Rights Reserved.
沖縄の自然と環境総合情報サイト ネイチャーオキナワ NatureOkinawa.com
マネージド専用サーバのことならテトラビット
本ウェブサイトは 有限会社テトラビットサーバ技術を活用し運用されています。  powered by TETRABIT(テトラビット)