キーワードで検索する!  
久米島からのレポート

久米島からのレポート

 
2006年03月12日(日)
 2月の桜が葉桜に変わりはじめると、山の緑がフクフクとしたシイの花の香りに包まれます。シイの花の香りは、クリの花に似ています。(近い仲間ですからね。)
シイの花

 ほのかな香りのエゴノキの花も満開です。
下向きに咲くこの花は、椿のように散るときは花ごと落ちて上を向きます。


エゴの花

黒っぽい腐葉土の上にちりばめられた可憐なエゴの花模様は遠くからでもすぐに目に映りとてもきれいです。


地面に落ちたエゴの花

観葉として植栽されたツツジも鮮やかにだるま山を彩り始めました、ツツジは開花期間が長く4月までは楽しめることでしょう。
ツツジ

クメノサクラも数は少ないのですが、可憐な花を咲かせています。本土のソメイヨシノのようにハラハラと花びらが散り行く様は、沖縄ではなかなか味わえない儚げな風情で、味わいがあります。


クメノサクラ

そして、極めつけのこの花、香りや、色は私達を誘うためではないことを、このイルカンダで立証できるかも知れません。けれども、すごくムシや鳥には魅力的なようです。


イルカンダ

本ページ「久米島からのレポート」掲載情報の著作権は、佐藤 直美氏に帰属します。
Copyright c 2005 Sato Naomi All Rights Reserved.

しまんちゅレポーター

佐藤 直美
著者:佐藤 直美
久米島ホタルの会
事務局代表
◆久米島ホタルガイド
◆久米島ホタルの会
◆ホタルの国から

2006年03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最近のエントリー
アーカイブス
他島のしまんちゅレポート
久米島関連情報
利用規約/免責事項プライバシーポリシーリンクポリシー広告について運営についてサイト推薦・登録求人情報お問合せヘルプ
Copyright © 2005-07 NatureOKinawa All Rights Reserved.
沖縄の自然と環境総合情報サイト ネイチャーオキナワ NatureOkinawa.com
マネージド専用サーバのことならテトラビット
本ウェブサイトは 有限会社テトラビットサーバ技術を活用し運用されています。  powered by TETRABIT(テトラビット)