キーワードで検索する!  
阿嘉島からのレポート

阿嘉島からのレポート

阿嘉の海、そして世界の海にはまっている。
 
2007年02月01日(木)
ひとつ、ふたつのドメイン名で
大騒ぎな感じがしないでもないが
オケアノスという名では
取りにくいのは確かであります。

ガーバメントもカッチョ良かったな。
「どっとイン」が取れないけど
「タツカナのどっとtk」なら取れるし
2年で990円?(だったかしら)と激安なので
それで良いやっ。意味なんてどうでも良い。

と思って、途中で投げ出していた
昨日のドメイン取るサイトへ行ってみた。
会員登録と支払い方法などを入力していく
変なアドレスくれちゃって、
そのままのサイト名になってやがんの。
無料だし、、、仕方ないや。

ドメイン取得ってところで
念のために「どっとイン」検索してみたら
おおぉ!「取得できます」と出てきたぞ。
ん?よくよく良く考えたら
何だょ、自分が止めてたことに気付いた。
悩んで損した。
しかし、判り難い仕組みじゃった。

ちゅーワケでオケアノスどっとインは取れたのでした。
サーバーもレンタルしましたよん。

写真はハナカマキリみたいだけど
ローズマリーの花です。
よくチキン料理などで使う香辛料です。

だいぶゴビーズのショップ小屋の脇で
ひっそりと咲いてたのでデジ1に100mmと
クローズアップNo.2&3を装着し
三脚まで持って行っての撮影でした。

おそらく持ち主は咲いていることさえ
知らないと思います。

 
2007年02月02日(金)
寒すぎてよくわからんね。

日本海側は大雪ですが
1月は新潟をはじめとする7地点で
積雪がゼロだったらしいですな。。。

ドメイン取得騒動も終わり
PTA新聞も2枚の写真の貼り付けのみ
となって、いよいよ本格的な
休業となりそうでございます。
ADSLの接続工事などが3月にあるので
それまでは冬眠みたいなものですな。

もともと2月は全休しておりますので
気にもしていませんが
やはり収入がないくせに
出費だけは通常より多いというのは
非常に都合よくありません。

かと言って、別の仕事をするのも
なんですからね。。。
昔はパラオなどの海外勤務も
考えていたんだけど実現しませんでした。

まぁ、近々営業と称して上京いたしますが
街などで見掛けた際には優しく声でも
掛けてやってくださいまし。

寒い時期になると現れはじめ
暖かくなると消えて行くウミウシたち。
写真はヒドロ虫などを食す
ルージュミノウミウシは最も普通に見られる種のひとつ。

しかし、ルージュだなんて・・・
口紅のことですよね?
今でもそういう名称で呼ぶんでしょうか?

おの22も荒井由美世代なんだな。

 
2007年02月03日(土)
昨日あんなに寒かったのに
今日はポカポカ春陽気。
風もなく、海もべたなぎだ。
ガラス越しに入ってくる日差しが
気持ちが良くて飼い猫のハルと
ゴロンゴロンしてると暑くなって汗ばむ。

窓をちょっと開けると
顔に冷たい空気が当たってくる。
「気持ち良いぃ」なんて言いながら
ぼーっとしていると、ほんの僅かな隙間から
ハルが外へ出て行こうとする。

油断も隙もありゃしない。
・・・のどかな日常です。

沖縄の面積が波照間島と同じくらい
増えているとニュースに出ていた。
那覇港を筆頭に公有水面の埋め立てが原因である。
この埋め立てられた公有水面には
とても大切な汽水性湿地帯と干潟が入っている。

水産資源というか海に依存している県が
陸と海を結ぶ接点をつぶしていって
どうすんだよっ、馬鹿ヤロッ!
と、オジサンはやっぱり怒るのです。

写真は先日ニシハマにて撮影した
アデウツボ幼魚のパックリなシーンです。
少々トリミングしましたが
迫力あるでしょ?

こんなのが中々撮れないんだよねぇ。

 
2007年02月04日(日)
快晴べたなぎも頂点に達した本日
隣のおうちが船を下ろすというので
朝9:00船揚場集合で作業した。

終わって家に帰ったら
「クジラがいるからみんなで行きませんか?」
と誘われ、夏菜竜也と3名で乗せてもらった。
隣のおうちの家族4名と
ウエストコースト2名、うちが3名。

港から5分ほど行ったら、情報通り阿嘉島と久場島に
「ウォッチング船」がいた。
いたと言っても小さな船外機ボート1隻である。
このボートは毎日のようにクジラ見物に出掛けていて
阿嘉島で知らない人はいないほど
とても頼りになるボートなのだ。

聞いたら(普通に会話が出来るほど海が静かだった)
さっきまで3頭+3頭いて今は片方の3頭を見ている。
ということだった。
しばらくすると、「ブパァ〜!」と聞こえ
振り返ると2頭のクジラが背中を出していた。

もう船の上は歓喜の声高らかである。
大人も子供も大喜びさぁ〜。
それから1時間くらいクジラ見物を楽しんだ。

今回初めてデジ1+300mmズームで
撮影したけど、LXに比べて軽くて扱い易く
連写しても気にならないし・・・
300だけど、400相当で大きく写るしね。
とても素敵。

ブリーチングは遠く離れた所のを2回見ただけで
近くにいるクジラはやならずに残念だった。
あんなに近くで見たのは久しぶりだね。
なんて言ってみんな満足したよね?

鯨見物限界時間20分の夏菜辰・・・。
あんなにべたなぎでも船酔いで「激沈」するんだね。
陸に上がった途端「すごかったな〜」だって。
ちゃんと見たのかよぉ!

 
2007年02月05日(月)
何だか毎日がべたなぎで
快晴が続いている。
予報を見ると、明日も波1mで明後日も1m。
んー、連日が鯨日和だね。
これが週末だったり連休だったりすれば
みんなが幸せになれるのに。

昨夜は久しぶりに
島のDS仲良し3バカラスと
呼び名も高いAとGとOが
Kの家に集まって飲み会をした。

GWの集客状況やレンタル機材、
船のメンテ、繁華街情報に至るまで
夜中の1:30まで飲んでいました。

でも朝はちゃんと7時に起きて
子供たちと一緒に朝ごはんを食べ
登校を見送りました。

あぁ、なんて偉いんでしょう。

またしても花ですが
これは名前がわかりません。だれか教えてください。
前回同様ゴビーズ小屋のトイレ前で
ひっそりと咲いていました。

 
2007年02月06日(火)
当分留守にします。
ですのでこのブログも
休みがちになります。

それでも時々は携帯を使って
書いていきたいと思いますが
携帯で文字打つのとっても苦手で
面倒臭くなってしまうことが多い。

写真の画素数が物凄く低いから
出来の悪い写真しか撮れない。。。
ので、携帯を換えようかなぁ〜。
もう4年くらい使っているし、良いでしょ?
一体誰に聞いてんでしょうか。

面白い話や場面に遭遇したら
写真撮ってアップしますので
お楽しみに。。。

ところで、昨日の花の名前を
教えてくれた方がいます。

***********
ウエストリンギア
学 名 Westringia fruticosa
科 名 シソ科 ウエストリンギア属
別 名 オーストラリアン・ローズマリー
メ モ :ローズマリーに似た葉や花の形をしていますが、
本種の方が枝が柔らかで、繊細な雰囲気があります。 
ローズマリーのような香りはありません。樹高は1〜1.5mくらいまで
伸び、径1〜1.5cmの小さな青みがかった花を多数着けます。
まれに花がピンクの品種もあります。
*************

という名の植物だったんですね。
ネットって便利ですこと。
ありがとうございました。また教えてください。

写真はアゲナシク島の鉄筋に付着し、成長するサンゴ。
こんなにちゃんと着くんだったら
底から10cm位出た鉄筋を無数に打ったら
サンゴ郡落が出来るのではないでしょうかね?

それでは、みなさんごきげんよう。

 
2007年02月28日(水)
昨日サボっちゃったし、家のPCで書くのは久しぶりだ。
横浜では携帯使って更新していたけれど
自分の書いたブログを見るのに苦労したりして
不便でした。

今日はオニヒトデ対策事業のオニヒトデ侵入防止柵効果検証調査
という長ったらしい名の仕事をしました。
簡単にいうと、オニヒトデの侵入を防ぐ柵の効果を
潜って調べたり、柵の清掃などをする。ということです。

高さ60cmの柵が直径15mほどの円状に設置してあって
そこにオニヒトデが掛かってないか見に行くんだけど
オニヒトデのいないところに設置してあるので
効果を検証するには無理があると思う。
一体、誰があの場所を推奨したのか、是非知りたいと思った。

久しぶりで潜る22度の水温は、あまり冷たく感じなくて楽だった。

写真のヒトデはオニではなくて
マンジュウです。
全長1.5cmほどでまだ赤ちゃんです。
こどものうちは、ちゃんと5本の腕のような場所があって
大きくなるにつれて丸みを帯びて饅頭になり
腕はハッキリしなくなるんですな。

しかし、大人になっても裏を見ると
5本の筋が確認できますね。。。

大繁殖しないので、話題にならず
あまり知られていませんが
マンジュウヒトデもサンゴを食べてしまいます。

サンゴを食べるからと言って
水中でキャッチボールに使うのは
もう止めましょうよ。

本ページ「阿嘉島からのレポート」掲載情報の著作権は、OCEANUS森山敦氏に帰属します。
Copyright c 2005 Atsushi Moriyama /oceanus All Rights Reserved.

しまんちゅレポーター
2007年02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最近のエントリー
アーカイブス
2010年09月 (1)
2010年08月 (2)
2010年07月 (3)
2010年06月 (1)
2010年05月 (1)
2010年04月 (2)
2010年03月 (1)
2010年01月 (7)
2009年12月 (10)
2009年11月 (11)
2009年10月 (18)
2009年09月 (20)
2009年08月 (23)
2009年07月 (17)
2009年06月 (27)
2009年05月 (27)
2009年04月 (22)
2009年03月 (27)
2009年02月 (5)
2009年01月 (27)
2008年12月 (24)
2008年11月 (25)
2008年10月 (28)
2008年09月 (30)
2008年08月 (27)
2008年07月 (31)
2008年06月 (25)
2008年05月 (26)
2008年04月 (27)
2008年03月 (21)
2008年02月 (9)
2008年01月 (30)
2007年12月 (29)
2007年11月 (28)
2007年10月 (29)
2007年09月 (27)
2007年08月 (27)
2007年07月 (30)
2007年06月 (28)
2007年05月 (27)
2007年04月 (25)
2007年03月 (21)
2007年02月 (7)
2007年01月 (29)
2006年12月 (28)
2006年11月 (23)
2006年10月 (30)
2006年09月 (28)
2006年08月 (29)
2006年07月 (30)
2006年06月 (8)
2006年05月 (4)
2006年04月 (4)
2006年03月 (4)
2006年02月 (1)
2006年01月 (4)
2005年12月 (4)
2005年11月 (4)
2005年10月 (5)
2005年09月 (4)
2005年08月 (1)
他島のしまんちゅレポート
阿嘉島関連情報
利用規約/免責事項プライバシーポリシーリンクポリシー広告について運営についてサイト推薦・登録求人情報お問合せヘルプ
Copyright © 2005-07 NatureOKinawa All Rights Reserved.
沖縄の自然と環境総合情報サイト ネイチャーオキナワ NatureOkinawa.com
マネージド専用サーバのことならテトラビット
本ウェブサイトは 有限会社テトラビットサーバ技術を活用し運用されています。  powered by TETRABIT(テトラビット)